レーシックしたいけど失敗しないか心配

レーシックしたいけど、失敗しないか心配。
レーシックは本当に大丈夫?

視力の低下が激しくてレーシックを受けたいけど、失敗したときの事を考えると不安で・・・。

レーシックをしたいけど、後遺症が心配で踏み切れない。
そういった悩みを持つ方は少なくありません。

レーシックは手術で角膜を削るので、「手術前の状態に戻せない」という不安は大きく、失敗した場合の事を考えると、なかなか手術をする勇気は出ないものです。

そうなんだよね。
「元に戻せない」ってすごい不安・・・。

ただ、レーシックは成功例も多く、慶応大の准教授が調べた調査では95.4%が結果に満足しているといった報告もあります。

このページではレーシックについて次の事を紹介しています。

●レーシックで失敗した体験を紹介
●レーシックの後遺症や副作用はどんなのがあるの?
●レーシックの手術件数は?

●消費者庁がレーシック手術に注意喚起
●レーシックは眼科医じゃなくてもできる?
●レーシック以外の視力回復法

レーシックに興味がある方は、参考にしてみてください。

レーシックで失敗した体験を紹介

目の表面に激しい痛みがあり・・・

手術直後から2か月間、目の表面に激しい痛みがあり、寝たきりの状態になった。目の表面の激しい痛みによる頭痛、吐き気、不眠等が発生した。光や太陽がまぶしく、室内でもサングラスや遮光レンズを使用するようになった。手術後1年は、近くを見ての作業ができなくなり、プリズムレンズ(左右の視線のずれを補正できるレンズ)の遠近両用眼鏡を常時使用するようになった。現在では、眼鏡やコンタクトで日々調整しているが、眼精疲労がつらい。
(2010年9月手術、女性、40代)

レーシックによる角膜の削り過ぎで・・・

レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視にされ、目の周りの筋肉が常時痛む。眼科にて両眼視検査を行い、外斜位(一方の視界を遮ったときに黒目が上下左右へ寄っていく状態)が発覚した。プリズムレンズの遠視眼鏡、目薬等で多少の軽減はするものの、毎日痛みでつらい。
(2009年2月手術、男性、30代)

まぶたの腫れや両目の痛み・・・

まぶたの腫れや両目の痛み、ドライアイが顕著で、1時間に数回は目薬をさすような状況になった。見え方の違和感やゆがみ、飛蚊症なども発症した。術後3週間程度は、食べられず、寝たきり状態だった。その後も、電車に乗ってもすぐに座り込んだり、車やエレベーター内で吐いたりするような状況である。
(2013年2月手術、女性、30代)

術後1日だけ1.2で見えて・・・

私は裸眼で1.0以上見えるようになるとの説明を受けて30万払い手術を受けましたが術後1日だけ1.2で見えて次の日から視力は下がり続け現在0.05程度になってしまいました。
(ヤフー知恵袋より/2019年12月投稿)

何より一番酷いのが頭痛・・・

私の友人の事ですが、レーシックを受け、目の不調が続いているそうです。
彼女のいう目の不調というのは、物の見え方(時折ぼやけたりするそう)、目の異物感、何より一番酷いのが頭痛だそうで、彼女曰く、目からきている頭痛とわかるそうです。
術後検診では異常なしといわれたのに、やりきれない彼女は他の眼科にいったそうです。 そこで、レーシックを受けたことが大失敗といわれ心底後悔したそうです。
未だ目はカラカラに乾いた状態が続き、目薬があっという間になくなるそうで、彼女は頭痛が酷く泣くのも辛いといっていました。
(ヤフー知恵袋より/2013年2月投稿)

失敗の体験談を見ると、やっぱり不安になるわね・・・。

レーシックの後遺症や副作用はどんなのがあるの?

レーシックの後遺症はいくつかありますが、代表的な物を紹介します。

●過矯正
レーザーによる効果が強くでてしまい、遠視に仕上がってしまいます。過矯正の程度が強いと裸眼視力も出にくく、酷い眼精疲労や、重度の頭痛などの原因になることがあります。

●ドライアイ
手術後約半年間は涙の分泌量が減って、ドライアイになる事があります。酷い場合、手術で神経繊維が切断され、瞬きをしても涙が出ず、涙点プラグで乾きをケアすることになる場合もあります。

●ハロー・グレア現象
手術後3〜4ヶ月は約40%の人が感じる症状。夜間の暗がりで光がにじんで見えたり、信号の光などがぼやけて見えたりします。1年経っても感じる人は約5%程度に下がると言われていますが、この症状は治るのではなく、慣れただけと考えられています。

●視力が低下する
レーシック手術は視力を固定出来るものではないので、また視力が低下する可能性はあります。角膜の厚みが残っていれば再度手術で矯正する事ができます。

●角膜拡張症(ケラトエクタジア)
最も重い合併症の1つ。角膜を過度に削った場合、薄くなった部分が前方に膨隆してくる症状。強い不正乱視や近視化を引き起こす原因になります。

後遺症には個人差があり、ここで紹介した物以外にもあります。

たくさんあるのね・・・。

後遺症は必ずなるわけではありませんが、レーシックはこれらのリスクを覚悟して受ける必要があります。

そして、もう一つ問題なのが、後遺症は手術をしてから数年後にでてくることもあること。

レーシックの歴史は浅く、日本での一般的なレーシックはまだ20年ほどの歴史なので、手術を受けた方が歳を重ねた時のデータが少なく、長期的な安全性がわかっていないのも心配の一つと言えます。

レーシックの手術件数は?

レーシックの手術件数は毎年減っていて、ピークと言われた2008年には45万件あった件数も、2014年には5万件にまで減っています。

すごい減ってるのね・・・。

ピークだったのは08年で、レーシックの広告もたくさんあり、施術件数はとても多くなりました。

けれどその後、後遺症や、聞いた話と違うなどの苦情が続発し、レーシックの件数はどんどん下がっていきます。

それに、安全性にも疑問が出て、消費者庁がレーシックの安全性を国民に向ける記者発表を行う事態にもなり、ついに集団訴訟をされる医院も出てきてしまいました。

消費者庁がレーシック手術に注意喚起

手術のピークだった2008年から翌年、09年からの5年間で「事故情報データバンク(※)」に80件の被害報告が寄せられました。
毎年10件以上登録されていて、2013年には30件あったと言われています。

そういった状況もあり、2013年(平成25年)12月に消費者庁がレーシック手術に関して注意を呼びかけました。

消費者庁からのレーシック注意喚起/pdf(平成25年12月)

ただ、これは注意であって、「レーシックが悪い物」だと言っているわけではありません。
安易に手術を受けないで、リスクの説明を十分受けましょうといった内容の物です。

(※)消費者庁が独立行政法人国民生活センターと連携し、事故防止に役立てるためのデータ収集・提供システム

レーシックは眼科専門医じゃなくてもできる?

実はレーシックは眼科専門医じゃなくてもできます。
と言うのも、手術自体は機械が行うので、動作の設定ができれば手術はできてしまうのです。
そういうこともあり、眼科専門ではないドクターが行う医院もありました。

レーシックの事故が多く、訴訟問題などが出てきたのも、専門じゃない医師が手術を行っていたことが関係あるとも言えます。

なので、レーシックを受ける際は、「眼科専門医」の資格のある医師が行っているか確認しましょう。

眼科専門じゃない人もやってたんだ!

レーシック以外の視力回復法

以上、レーシックについて紹介しました。

知れば知るほどレーシックをする勇気が無くなってくるわ・・・

レーシックの最大の不安は「後戻りができない」事にあると思います。

万が一後遺症が出てしまった場合、後戻りができないので後遺症に一生苦しめられることになります。

そんな中、レーシックと違い「後戻りができる」方法として注目を集めている視力回復法があります。

レーシックの手術件数がどんどん下がっているのとは逆に、年々施術件数が上がっていて、厚生労働省の認可も下りている「ICL(眼内コンタクトレンズ)」です。

ICLとレーシックを比較

ICLとレーシックの比較をしてみたので、興味のある方はごらんください。

 ICLレーシック
可逆性
(元に戻せるか)
ありなし
公的機関の承認厚生労働省認可なし
手術時間両目30分程度両目10分程度
医療時控除可能(条件あり)可能(条件あり)
相場両目50〜70万円両目20〜35万円

IICLのメリット

ICLはレーシックに比べ優れた点が多くあります。
その一部を紹介します。

ICLの優れた点

●手術前の状態に戻せる
●レーシックに比べクリアな視界
●レーシックができない強度近視でも施術可能
●角膜の知覚神経を傷つけない
●レーシック比べ視力戻りが少ない
●眼の病気になっても、治療の幅が狭まらない
●ドライアイの原因にならない
●白内障の手術を断られにくい

その他にもありますが、代表的な点を紹介しました。

特に、
・手術前の状態に戻せる
・角膜の知覚神経を傷つけない
・レーシック比べ視力戻りが少ない
・眼の病気になっても、治療の幅が狭まらない

・白内障の手術を断られにくい
などは、レーシックに不安を持っている方には嬉しい点ではないでしょうか。

特に「白内障」は歳を取るとほとんどの人が罹ります。
50代で4割以上、60代で8割弱、80代以上だと100%です。

また、ICL後の視界のクリアさは驚くレベルで、ICLの大きな魅力と言えます。

<視界の見え方例>

ICLのデメリット

次はレーシックと比べた際のICLのデメリットを紹介します。

ICLのデメリット

●レーシックに比べ費用がかかる
●レンズがオーダーメイドの為時間がかかる
●認定医しか施術できないので、行えるクリニックがレーシックに比べ少ない

などです。

値段がレーシックの倍くらいするのね。

ICLのコンタクトレンズは、装着後ずっと使い続けられほど安全性が高く、また、患者一人一人の「眼」に合わせ、細かな調整を何度も行うので、結果、価格は高くなってしまいます。
けれどもそれは、患者の眼を守るため、必要なものなのです。

とは言え、高価なのは確かなので、「分割払い」ができるクリニックを選ぶのも一つの方法です。

ICLとレーシック。どっちがおすすめ?

ICLとレーシックを比較してきましたが、より安全に、よりクリアな視力を手に入れたいなら「ICL」がおすすめと言えます。

やはり、「手術前の状態に戻せる」というICLのメリットは大きいです。

レーシックに比べ後遺症、視力戻りが少ないのもおすすめの理由です。

それに、白内障などのその他の眼の病気になっても、レーシックをしていたら治療できないといった事がありますが、ICLではその様なことはありません。

ICLは高かったけど、分割払いもできて保証もついているので決心しました。
無料の適応検査をしてから決められるので、ICLにして本当に良かったです
万一の場合の再手術保証、定期検診制度あり
分割払い可能
一人一人に合わせた治療で満足度95%

まとめ

スマホやパソコンが一般的になった今、視力低下で悩んでいる方がどんどん増えています。

その方たちが「レーシック」を受け、万が一失敗して後遺症が残ってしまったら・・・。
そして、自分もその中の一人になってしまったら・・・。

レーシックの後遺症は、やはり気になる部分です。

少しでも後遺症不安をなくし、視力をもどしたいなら「ICL」を考えてみてはどうでしょうか。

かおりんブログ
タイトルとURLをコピーしました