視力回復_子供の視力_01

子供の視力が下がってる・・・。
戻す方法はある?
メガネをかけた方がいい?
自宅でできる視力回復法を紹介

子供の視力が下がってる・・・。
戻すことはできのかな?メガネをかけなきゃダメなのかな?

子供の視力低下で悩まれている方はたくさんいます。
特に今は、小・中学生の視力低下が多く、中学生から急激に視力が落ちる子供が増えています。

このページでは、子供の視力が落ちる原因と、視力を戻す方法を紹介するので、興味のある方は読み進めてみてください。

近視が増える現代の生活

子供の視力が落ちる原因は、ほとんどの場合「近くの物を見過ぎる事」です。

スマホやタブレット、テレビ等が当たり前になり、学校でもタブレットを使った授業が増え、目の前数十センチしか見ない生活が当たり前になりました。

また、コロナの影響で家にいる時間も増え、その分、スマホ、テレビ視聴の時間も増えたため、お子さんの視力低下で眼下を受診される方が激増しています。

家、学校、塾など、目の前しか見ない生活をしている今の子供たちは、「目」へのストレスが大きく、眼精疲労が原因で視力が落ちている事が多いんです。

現代の子供たちの「目」は疲れているんです。

治る近視と、治らない近視

近視には種類があり、「仮性近視」「真性近視」に分けられます。

仮性近視は真性近視になる一歩手前の状態で、ピント調節の役割をする「毛様体筋」コリ固まった為に起こっている状態です。

毛様体筋は筋肉なので、長時間同じ状態を強いられると疲れが溜まり、肩こりの様に固くなってしまいます。

この毛様体筋がコリ固まった状態が長く続くと真性近視になってしまい、そうなると、近視を治すことはできなくなってしまうんです。

近視は、真性近視になる前に治さないと手遅れになります

先ほども書いたように、現代は大人だけでなく、子供も「近くの物ばかり見る」生活です。
子供でも毛様体筋がコリやすく、視力が落ちてしまうんです。

視力低下は毛様体筋の「コリ」だけじゃない?

そのため、最近は視力がアップする「図」や「絵」を使う本やアプリが増えてきました。

これらの本やアプリは、近くを見ていても、遠くを見る時と似たピント調節を毛様体筋にさせるので、固まったコリをほぐすのに効果があります。

けれど、視力がアップする「図」や「絵」を見ても視力が戻らないお子さんもいます。

じつは、うちの子もやらせてみたけど、ダメだったのよね。
それに、すぐ飽きて続けないし・・・。

なぜなら、視力低下の原因は、毛様体筋のコリ以外にもあるからなんです。

視力が戻らない子供の視力回復方法

毛様体筋のコリを取っても視力が戻らない場合、効果的なのは「脳力」をアップさせる事です。

脳力をアップさせる?

視力が落ちる原因で、毛様体筋のコリ以外の原因は「視るチカラ」の低下が考えられます。

「視るチカラ」とは、文字通り「物を見るチカラ」のことで、目から入った情報を脳が処理するチカラのことです。

脳と目は近い位置にあるので、脳は目の影響を受けやすく、目も脳の影響を受けやすいんです。
なので、脳が疲れていると物を見る能力も落ち、視力低下に繋がります。
だから、脳の疲れを取って、物を視るチカラを戻すと、視力が戻る事が多いんです。

それに、疲れていた脳が元気になるので、情報処理能力も上がり、成績が上がるお子さんも結構いるんです。

脳力をアップさせるとは、特別なことをするわけではなく、ただ、脳の疲れを取るだけなんです。

脳の疲れを取って、視力&脳力アップ

脳の疲れを取るには「近くの物を見過ぎる事」をやめるのがいいのですが、現代の生活では難しいといえます。
特に学校や塾は、教科書やテキストを近くで見るのでなおさらです。

そんな脳の疲れを取るのに効果的なのが
「ブレインアイ」です。

ブレインアイ?

ブレインアイとは映像を見ながら視力回復を行う「映像プログラミングソフト」です。

視力回復と能力アップ効果があり、特に次の様な症状のあるお子さんは「脳が疲れている」事が多いので、ブレインアイで視力が戻る可能性は高いです。

こんな症状が出ていませんか?
■遠くを見るときに目を細めている
■本やテレビに顔を近づけて見ている
■読書に時間がかかる
■文字を飛ばしたりすることが多い
■本や参考書を読んでも、なかなか理解できない
■読み書きや計算のうっかりミスが多い
■跳び箱や縄跳びがうまく飛べない、球技も苦手
■歩いている時、よく人や物とぶつかる
■理由もなくイライラすることが多い
■集中力が続かない、落ち着きがない

視力と関係なさそうなのもありますよ?

一見、視力と関係なさそうな症状もありますが、これらの症状に該当するお子さんは、今まさに「視力低下」がどんどん進行していると考えられます。

特に、紹介した症状の内、3つ以上当てはまるお子さんは要注意です。

なぜなら、これらの症状は「脳の疲れ」が原因で起こる症状だからなんです。
このまま症状を放っておくと「真性近視」になってしまうので、早い段階のケアが必要です。

ブレインアイの体験談

ブレインアイで視力回復、能力アップした方達の体験談を紹介します。

視力回復0.6→1.2(小学校5年生)

同級生のお母さんに勧められて、申し込みました。
最初はインターネットで手に入る視力回復プログラムなんて…、と半信半疑でしたが、その方が熱心に勧めるので、いつの間にか、同じクラスの目の悪い子たち何人かが始めることに。

するとどんどん、うちの子はもちろん、その子たちの顔からメガネが消えてしまいました。

クラスのお母さん方はみんな、最初に勧めてくれたお母さんに感謝しています。

視力回復0.3→0.7(中学校1年)

視力回復が目的で申し込んだのに、視力ばかりか、子どもの成績もみるみる急上昇。

小学校の時は、うちの息子は天才じゃないかと思っていたけれど、中学生になった途端に成績が落ちはじめ、やっぱりトンビが鷹を生むことはないかとあきらめかけていました。

でも、今思えば、息子の成績が落ちはじめたのは、視力が落ちはじめた時期とぴったり一致するんです。

息子自身、すごく調子が良いことを自覚しているようで、最近、笑顔まで増えたような気がします。

お陰でテストの成績も上がり、あきらめかけていた進学校への受験も、先生から充分合格圏内だとお墨付きをもらいました。
良い結果が出たら、またご報告させていただきます。

視力回復0.3→0.8(高校1年)

高校に合格したご褒美にスマホを持たせたのが、そもそもの間違い。
どんどん視力が低下して、おまけに成績も落ちてしまい、どうしたものかと悩んでいました。

最初、このブレインアイを知ったとき、もう少し幼い子ども向けかなとも思ったのですが、大人でも効果があるという記事を見て、試させてみることにしました。

お陰で、少しずつではありますが、効果が出てきているようです。先日の模擬試験の成績も、今までで一番良く、志望校が射程内に入りました。

視力が回復するだけで、息子の将来まで明るく見通せてきました。
有難うございます。

視力回復0.4→0.9(中学1年)

姪っ子がこのブレインアイで視力回復を成功したと聞いて、うちの子にもやらせてみました。

最初は面倒くさいから嫌だと言っていたのですが、いざやってみると簡単で、楽しいので、ゲーム感覚でできるからと、自ら進んでやるように。

その結果、始めてから2ヶ月目の視力検査で、右目1.0、左目0.9にまで回復。
回復した今でも続けています。

視力回復0.7→1.0(小学6年生)

実は今まで、2つの視力回復方法を子どもに試させてみました。
でも、そのどれもが全くといっていいほど、効果がなかったのです。

夫は「あきらめて、メガネをつけさせたら?」といいましたが、私はあきらめきれず、これで最後と、ブレインアイを申し込みました。

ハッキリ言って、最初はがっかりしました。こんな簡単な、ゲームみたいな方法で、視力が回復できるわけがないと思ったのです。

とにかく1ヶ月だけ試させてみよう。それでダメだったら、あきらめて、メガネを買いに行こう。そう思っていました。

ところが、ダメもとで始めて10日ほど経った頃、子ども自身が「お母さん、目がよく見えるようになってきた」といったのです。これには本当に驚きました。

そして、それから約2ヶ月が経ちました。
両眼0.7にまで落ちていた子どもの視力が、両眼1.0にまで戻ってくれたのです。

これには夫も驚いて、自分もやってみようかなと言っています。
私も実は、すでにこっそりと始めています。本当に有難うございました。

すごい!でも、本当に見えるようになってるんですか?

確かにインターネットで販売している物には怪しい物があるのも事実です。

「使ってみたけど全く効果がなかった」と言うこともよく聞きます。

けれど、ブレインアイは、使ってみたけど効果が感じられなかった場合、購入金額を返金してくれる「全額返金保証」があります。

しかも、返金する際に面倒な条件はなく、理由を伺うこともありません。
なので、金銭的リスクはゼロ。

本当に効果があるか試してみたい方も安心して試すことができます。

しかも、今なら5,000円のキャッシュバックがあります。

ただし、こちらは条件があります。

ブレインアイで得られる効果とは?

ブレインアイで期待出来る効果の一例です。

メガネなしでも遠くの文字がハッキリ見える
●脳も活性化し、視力も回復
●コンタクトやメガネの維持費がゼロ!
●本の小さな文字もクッキリ読めて読書がはかどる
●集中力がアップ!勉強もはかどり成績アップ
●記憶力がアップ!テストでも好成績が取れる
●理解力がアップ!文章を深く理解できるようになる
●サッカー、バスケなど球技、スポーツの苦手を克服
●手先が器用になり、図工、美術が楽しくなる

効果は個人差があるので、紹介した物以上の効果も期待できます。

コンタクトやメガネの前に

スマホやタブレット、パソコンの普及で、生活様式がガラッと変わりました。

学校でもタブレットやパソコンを使う授業が増え、視力が落ちるお子さんが増えています。

視力が落ちたら、メガネやコンタクトにすれば大丈夫。
と思っている方もいますが、コンタクトは眼球に傷を付けるので、一生使い続けることができないことも分かっています。

メガネも、正しい度数の物を使わないと、視力の低下を助長させます。
正しい度数を知るには、細かな検査が必要でお金もかかります。
低価格でメガネを作ってくれるお店では、そんな細かな検査はしてくれません。
また、年に1回は検査が必要で、その都度お金もかかります。

子供も、メガネは嫌がるのよね・・・

ブレインアイは視力を戻してくれる上に、脳力もアップします。
全額返金保証で金銭的リスクもゼロなので、メガネやコンタクトを使う前に試してみる価値は充分にあるのではないでしょうか。

まとめ

視力の低下は、「見えにくくなる」以外にも、脳力の低下を引き起こします。

勉強をしても成績が上がらない。
落ち着きがなく、集中力がない。
スポーツ、特に球技が苦手みたい。


お子さんがそんな様に見えるなら、原因は「視力の低下」かも知れません。

本来は、もっと実力があるのに、そのチカラが発揮できていない可能性があり、とてももったいないし、悲しいことだと思います。

なので、お子さんの視力低下で悩んでいるなら、是非「ブレインアイ」を試していただきたいと思います。

かおりんブログ
タイトルとURLをコピーしました