視力回復_子供の視力_02

子供の視力が下がってる・・・。
メガネは避けたい!
戻す方法はある?
1ヶ月で0.2→1.2になった方法を紹介

子供の視力が下がってる・・・。
戻すことはできのかな?メガネをかけなきゃダメなのかな?

子供の視力低下で悩まれている方はたくさんいます。
特に今は、小・中学生の視力低下が多く、中学生から急激に視力が落ちる子供が増えています。

このページでは、子供の視力が落ちる原因と、視力を戻す方法を紹介するので、興味のある方は読み進めてみてください。

近視が増える現代の生活

子供の視力が落ちる原因は、ほとんどの場合「近くの物を見過ぎる事」です。

スマホやタブレット、テレビ等が当たり前になり、学校でもタブレットを使った授業が増え、目の前数十センチしか見ない生活が当たり前になりました。

目には本来、近くの物遠くの物を見る際に、被写体へのピントを合わせる機能が備わっています。

けれど、近くの物ばかりを見ていると、目の筋肉がコリ、 疲れ、衰えてしまいます。
すると、ピントを合わせる調節力も低下して、被写体がぼやけたり、かすんで見えるようになったりします。
さらに、慢性化すると視力が低下してしまうんです。

また、「脳のみるチカラ」も低下しています。
「脳の見るチカラ」とは、目から入った情報(色・形・大きさなど)を脳が認識・理解するチカラで、近くの物、遠くの物、動いている物など、色々な物を見ることで発達していくのですが、「近くの物」ばかり見る現代の生活では、発達しづらい環境なんです。

現代は、視力が落ちやすい環境なんです。

治りやすい近視と、治りにくい近視

近視には種類があり、「仮性近視」「真性近視」に分けられます。

仮性近視は真性近視になる一歩手前の状態で、ピント調節の役割をする「毛様体筋」コリ固まった為に起こっている状態です。

毛様体筋は筋肉なので、長時間同じ状態だと疲れが溜まり、肩こりの様に固くなってしまい、ピント調節がうまく出来なくなってしまいます。

そして、毛様体筋がコリ固まった状態が長く続くと真性近視になってしまい、そうなると、近視を治すのに時間がかかってしまいます。

視力を戻すには、真性近視になる前に、早めにケアをするのが重要なんです。

近視は、真性近視になる前にケアしましょう

視力を戻すにはどうすればいいの?

視力を戻すには、毛様体筋のコリを取って、ピント調節機能を戻すことと、脳の見るチカラを上げることが必要です。

毛様体筋のコリを取るには、近くの物を見過ぎる事をやめる事で、
脳の見るチカラを上げるには「見るトレーニング」をするのがおすすめです。

見るトレーニング?

見るトレーニングとは、ピント調節をする筋肉と、脳が物を見るチカラを上げるトレーニングです。

最近では特殊な「図」や「絵」を使った本や、ガボールアイが知られています。

それなら知ってるわ!

ただ、視力を上げる本やガボールアイは、脳の見るチカラの一部しかトレーニングできず、ピントを調節する筋肉に作用しません。

それに、視力の低下はお子さんごとに症状が異なるので、一部の能力しかトレーニングできないガボールアイでは効果がないこともあります。

1日10分。1ヶ月後には視力アップ

視力を戻すには、お子さんの視力低下の症状を知った上で、ピント調整機能を戻して、脳の見るチカラを上げるのが一番です。

そのためには「視力回復センター」などに通い、カウンセリングを受けながらトレーニングをするのがベターです。
ですが、近くに視力回復センターがなかったり、時間が取れなかったりと、視力回復センターに通える方はごく僅かです。

眼科じゃダメなの?

眼科で視力回復は望めません。

と言うのも、眼科医でも視力は戻らないと信じている人や、戻る事は知っていても戻す方法は知らなかったりするからです。
そもそも、眼科では眼鏡やコンタクトを処方すれば収入になりますが、視力を戻しても収入にはなりません。
なので、眼科に相談しても、眼鏡やコンタクトをすすめられることが殆どです。

じゃぁ、どうすればいいの?

子供の視力を戻したい。けれど視力回復センターが近くにない、時間もない。

そんな方は「アイ・トレーニング(視力アップマニュアル)」を試してみてはどうでしょうか?

アイ・トレーニング?

「アイ・トレーニング(視力アップマニュアル)」は視力回復センターで行っている視力回復方法を自宅でもできるようにしたプログラムソフトです。

プロのスポーツ選手が取り入れているトレーニングや、専門のカスタマー本部があり、一人一人の症状に合わせたプログラムが組めます。
なので、視力回復センターでカウンセリングを受けているのと同等のサービスが受けられます。

早い方であれば数日~1か月以内、長くても90日で視力の変化が実感できます。

「アイ・トレーニング」を使った方の感想を紹介します。

「アイ・トレーニング」の体験談

0.5→1.2まで見えるようになりました

こんにちは。子供の視力が上がりました。不同視で左が0.5でしたが、今は1.0から1.2まで見る様になりました。ドライアイも改善されました。
目をこする事がなくなり、姿勢もよくなりました。90日間頑張った成果がでました。
トレーニングは、朝とお風呂上がりにやりました。
学校での眼科検診が楽しみです。

2ヶ月後には0.3→0.7になっていました!

出口先生
いつもたくさんのアドバイス有難うございます。
読ませていただいて、いつも励みになります。

先月は眼科にて、右0.4、左0.3弱(乱視)との結果だったので、その後ひとまずメガネを購入しましたが、ほとんどかけず、学校にも一度も行かずでした・・・。
でも、メガネを買ったら、眼科に一度来てくださいねとの事だったので、今日行って視力検査をしてもらいました。
結果は右0.6、左0.7(乱視)になっていました!

私も本人も大喜びで、アイトレ頑張ってきて本当に良かったと思いました。

別の目のトレーニングでは視力回復しなかったのに・・・

こんばんわ。
1月から毎日トレーニングした結果、視力検査したら0.2だった目が0.6にまで良くなりました。
前回の別のトレーニングでは、8ヶ月やって良くならなかったのに、今回は改善できました!!
本当にありがとうございます!!
とはいえ0.6ではまだしっかり見えてる状態ではないので、これからも一生懸命やりたいと思います。
娘は7歳ですが花粉症で、トレーニングも目がかゆくて困難な日もありますが、頑張って行きたいと思います。

ここまで回復するものなのか・・・と本当に嬉しい!

出口様
お世話になっております。

娘の視力ですが、昨日検眼したところ両目で0.7でした。
トレーニングを始める前は両目で0.1しかなかったのに・・・、ここまで回復するものなのだと本当に嬉しいです。
出口様のトレーニング法に出会えたこと、心より感謝します。
ありがとうございます。

娘も見える範囲が広がって喜んでおります。
トレーニング以外でも、時間のある朝食の時はベランダで外を見ながら食べたり、フリスビーを購入して公園で遊んだり、良いと思うことはできる限り取り入れるようにしています。

片目0.1だったのが0.3!両目では0.6になってました!

トレーニングを始めて2ヶ月が経ちました。いつ回復してくるかと心配しながらと、楽しみもありながらトレーニングを頑張ってきました。
娘は1ヶ月くらい経って変化がないと、「ほとに良くなるの?」と言いはじめたものの、その後も楽しんで出来るように声を掛けここまで続けられました!

そして、その結果・・・
1週間程度から変化が表れ、片目0.1だったのが0.3になりました。
そして両目では0.6になっていました!!
これには娘も大喜びで、視力検査が楽しそうでした。
3ヶ月が目安だというお話しだったのでそこを目指して頑張ってきました。
初めは成果が出なくても諦めずに頑張ってほんとによかったです。

アイ・トレーニングは本当に効果ある?

体験談はすごいけど、本当に効果あるの・・・?

確かに効果があると言っても、使った方に効果が出なければ意味がありません。

けれど、「アイ・トレーニング」には180日間の返金保証が付いています。

90日間使ってみて、視力が上がらなければ購入代金の一部12,800円を返金してくれます。

返金保証があるのね。
それで、価格はいくらなの?

「アイ・トレーニング」の販売価格は21,800円です。

なので、万が一視力が上がらなければ、返金保証で戻らない分は支払うことになります。
けれど、1セットの購入で、2人までサポートサービスがあります。

兄弟姉妹で視力が落ちているお子さんをお持ちの方、または、大人にも効果はあるので、親子で試すことも出来ます。

また、3年間の無料相談保証もあるので、トレーニングの再チャレンジや、メガネ、コンタクト、レーシックなどのアドバイスも受けられます。

コンタクトやメガネの前に

スマホやタブレット、パソコンの普及で、生活様式がガラッと変わりました。

学校でもタブレットやパソコンを使う授業が増え、視力が落ちるお子さんが増えています。

視力が落ちたら、メガネやコンタクトにすれば大丈夫。
と思っている方もいますが、コンタクトは眼球に傷を付けるので、一生使い続けることができないことも分かっています。

メガネも、正しい度数の物を使わないと、視力の低下を助長させます。
正しい度数を知るには、細かな検査が必要でお金もかかります。
低価格でメガネを作ってくれるお店では、そんな細かな検査はしてくれません。
また、年に1回は検査が必要で、その都度お金もかかります。

子供も、メガネは嫌がるしね・・・

それに、視力が落ちると、お子さんが本来持っている運動能力や集中力、理解力などの能力も充分発揮されません。
視力が落ちることで、成績が落ちるお子さんが多いのもそのためです。

「アイ・トレーニング」は視力回復プログラミングとして、実績も歴史もあります。
メガネやコンタクトを使う前に試してみる価値は充分にあるのではないでしょうか。

かおりんブログ
タイトルとURLをコピーしました