介護脱毛_取得用

介護脱毛はした方がいいの?
介護脱毛のメリット、デメリットを紹介。
クリニックの選び方も紹介

着実に実施する人が増えている「介護脱毛」。
年を取って介護される前の40代、50代で脱毛をする方が増えています。

介護「する」側も、「される」側も、
毛がない方が楽なことは想像できますが、実際はどうなのか?

介護脱毛のメリット、デメリットを紹介します。

介護脱毛のメリット・デメリットとは?

●介護脱毛のメリット

排泄介助がしやすい

デリケートゾーンに毛がある場合、排泄物が毛に付着するので、それをキレイに拭き取る必要があり、その処理が介護をする方、される方に大きな負担になります。
また、排泄後直ぐに介助できればいいですが、時間が経ってからの介助になると、乾いた排泄物を取るのに手間取り、介護される側も毛を引張られるなどで痛い思いをしたりします。
毛が無ければ、基本拭くだけでいいので、負担が減る場合が多いです。

肌トラブルの予防になる

排泄物の介助は、排泄物をしっかり拭き取るため、何度も拭かなければなりません。
強い力で何度も擦ると、肌荒れや、肌トラブルになりやすくなります。
また、毛が残っていると、しっかり拭いたつもりでも、毛の間や、皮膚に残っている排泄物に気付かず、炎症や感染症を起こすこともあります。
毛が無ければ、排泄物の処理残しも少なく、肌を守る事もできます。

衛生的によい

毛がなければ、残った汚れも見つけやすく、排泄物がしっかり処理できます。
肌トラブルも起きにくく、衛生的にも大きなメリットがあります。

●介護脱毛のデメリット

元に戻せない

介護脱毛は、「永久脱毛」でやる方がほとんどで、施術後に「元に戻したい」と思っても戻すことができません。
なので、施術前に、どの部分を、どこまで脱毛するか、しっかり考えたるのをおすすめします。

恥ずかしさがある

施術の際は、当然ながらデリケートゾーンを見せなければいけません。
普段から人には見せない部位なので、見せるのは恥ずかしいという方も多いと思います。
事前に相談すれば、できるだけ対応してくれるクリニックも多いので、素直に相談した方がよいとおもいます。

必要なかったと思う場合も

ほとんどの方は、年齢を重ねるほど「毛」が薄くなっていきます。
もし、介護される様になり、その頃には毛が薄くなっていた場合、「脱毛しなくても良かったかも」と思うかも知れません。
ただ、実際はどうなるかわかりません。
思っていたよりも毛が薄くならなかったり、薄くなる前に介護される状態になる可能性もあります。
介護脱毛はある程度、長い目で見る必要があると言えます。

おすすめのクリニックを紹介

介護脱毛は、基本的に「デリケートゾーン」のみの脱毛で充分です。
つまり「VIO脱毛」だけでOKなんです。

けれど、脱毛クリニックは全身脱毛をベースとし、プラスのオプションでVIO脱毛をするクリニックも多く、そうなると、必要の無い脱毛にお金を払うことになります。

ここで紹介するクリニックは「VIO脱毛」だけでも施術をしてくれます。
無駄なお金をかけずに介護脱毛ができるので、ぜひチェックしてみてください。

かおりんブログ
タイトルとURLをコピーしました