PR

エクオール_ホットフラッシュどうしたら治る

急なほてり、吹き出す汗が困る。
お勧めのホットフラッシュ対策を紹介。

更年期症状の1つとされているホットフラッシュ。
明確な治療法がないと言われ、「我慢」を強いられ、ツラい思いをしている方も多いと思います。

急に熱くなるから、ホント困る・・・

そんなホットフラッシュも、適切な対策をすることで、ツラい状態のケアも十分可能。

このページでは、おすすめの、ホットフラッシュ対策を紹介します。

ホットフラッシュで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめのホットフラッシュ対策とは?

ホットフラッシュは更年期におけるエストロゲンの低下が原因です。

エストロゲンが減少すると、視床下部の体温調節が乱れ、体が過剰に熱を感じます。このため、皮膚の血管が拡張し、発汗が増えます。

対処法としては、ホルモン補充療法(HRT)や、エストロゲンの低下を補うサプリがあります。

特にサプリは、簡単で、コスパ的にも優れているので、実施している人も多いおすすめの対処方法なんです。

ホットフラッシュにおすすめのサプリ

エストロゲンと似た働きの事を「エストロゲン様作用」と言うのですが、エストロゲン様作用がとても高い成分が「エクオール」です。

エクオールは大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分からつくられます。
なので、大豆食品をたくさん食べると、エクオールもたくさん作られます。
「更年期には大豆食品がいい」と言われる理由です。

ですが、実際は日本人女性の約50%しかエクオールが作れません。

なぜなら、エクオールをつくる腸内細菌(エクオール産生菌)が、日本人女性の半分にしかいないからなんです。

つまり、女性の2人に1人は、大豆食品を食べてもエストロゲンの低下を補えないんです。

ただ、エクオールはサプリで摂れます。
エクオールサプリを飲めば、エストロゲンの減少を補う事ができるんです。

エストロゲンを補うなら「エクオールサプリ」がおすすめです。

更年期のケアにはエクオールが有用
エストロゲンを補うには「イソフラボン」が効果的と言われますが、更年期症状の重い人と、軽い人のイソフラボンの量の差を調べても、関係性は見つけられませんでした。

けれど、尿中のエクオール量を調べた結果、エクオール量の少ない人は、更年期症状が重いという結果が出ました。
この事から、更年期のケアにエクオールが有用なのが分かりました。

女性108人を対象に2日間の食事調査を行い、食事調査の最終日に24時間尿を蓄積し、尿中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオール量を計測。(出典:日本更年期医学会雑誌 15 :28-37,2007)

エクオールサプリ。選ぶ際の3つのポイントとは?

とは言え、エクオールサプリなら何でもいいわけではありません。中には品質の良くないサプリもあり、サプリ選びは重要です。

そんなサプリ選びでチェックしたいのが3つのポイントです。

チェックしたい3つのポイント

①エクオール配合量が10mgあるか
②EC-12乳酸菌が配合されているか
③安全性は高いか

①.エクオール配合量が10mgあるか

エクオールの1日の推奨量は10mg。
なので、1日に10mgのエクオールが摂れるサプリが理想です。

エクオールサプリはたくさんの種類がありますが、中には1日の摂取量が10mg以下の物もあります。
サプリのパッケージには、1日に摂れる量が書かれているので確認しましょう。
まれに、配合量が書かれていないサプリもあります。その様なサプリは、念のため控えた方が無難かもしれません。

ポイント②.EC-12乳酸菌は配合されているか

日本人女性の約半分はエクオールを作れる腸内細菌を持っていないため、エクオールが作れません。

なので、サプリで直接摂るのが効果的なのですが、一つ問題があります。
それが「エクオールは1〜2日で全て体外に輩出される」と言うこと。

エクオールの吸収率は腸内環境で変わるため、腸内環境が悪い人は、吸収される前にエクオールが体外に排出されてしまっているんです。

エクオールの吸収率を上げるには腸内環境を整える事。そこでおすすめなのが乳酸菌で、中でも「EC-12乳酸菌」が特におすすめです。

普通の乳酸菌じゃダメなの?

EC-12乳酸菌は、腸内環境を整える働きはもちろんの事、エクオールを作る腸内細菌の栄養素になります。

EC-12乳酸菌は、エクオールと相性がとても良く、エクオールの吸収を最大限にサポートしてくれるんです。

それに、エクオールを作れる女性でも、腸内環境が悪いと、作ったエクオールは吸収される前に輩出されます。
なので、EC-12乳酸菌を意識して摂る事をおすすめします。

EC-12乳酸菌は一般的にも知られ、EC-12乳酸菌入りの製品もたくさん見かける様になりました。ぜひ意識的に摂ってください。

ポイント③.GMP認定工場で製造している

サプリメントは規制が医薬品に比べて緩く、成分をただ単に配合しただけのものから、 安心や安全性を立証されたものまで様々です。

そこで、安全性の確認する目安の一つにGMP認定工場があります。

GMP認定工場とは、原料の入庫、製造、出庫までの全部の工程で、安全性と一定の品質が義務づけられている工場です。

医薬品は、GMP認定工場で作られることを義務化されています。

サプリメントは義務化されていませんが、GMP認定工場で製造された物なら安心です。

おすすめのエクオールサプリ3種紹介

上記のポイントをふまえ、おすすめのサプリを紹介します。
3種類のサプリは回数縛りもなく、お試ししやすいサプリです

おすすめ

3種類を比較した結果、おすすめは、キレイ・デ・エクオールです。
エクオールも1日10mgが摂れ、EC-12乳酸菌も配合。
おすすめの高品質サプリです。

▶キレイ・デ・エクオール/詳しくはこちら

それぞれを詳しく紹介

1日10mgのエクオールと、EC-12乳酸菌が摂れるおすすめサプリ
キレイ・デ・エクオール

●1日の推奨量10mgをクリア
EC-12乳酸菌1,000億個配合
●乳酸菌と食物繊維でエクオールの吸収率UP

定期初回価格
3,980円
内容量
30日分
回数縛り
なし
1日10mgのエクオール

1日の推奨量10mgのエクオールが摂れます。

EC-12乳酸菌1,000億個配合

EC-12乳酸菌を1,000億個配合。エクオールとの相性も良く、エクオールの吸収をサポートします。

回数縛りなし

回数縛りがなく1回のお試しでもOK。

レビューを紹介

カプセルが小さいので飲みやすい。ニオイがないのもいい。エクオール10mg摂れる物が少なかったので、見つけられた良かった。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

1年くらい続けてます。昨年の検査の結果が良かったので、今年も楽しみです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

更年期の為プラセンタサプリを飲んでいましたが、イマイチ効果が分からなかったのでエクオールをためしたくなり購入しました。1ヶ月飲み続けホットフラッシュなども少なくなっている気がします。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

大手メーカのエクオールサプリ
エクエル

1日の推奨量10mgをクリア
大豆イソフラボン配合

定期初回価格
5,020円
内容量
28日分
回数縛り
なし
1日10mgのエクオール

推奨量10mgのエクオールが摂れます。

レビューを紹介

飲むようになってからは個人的には体調はいい方です。粒が大きいのでもう少し小さければと思います。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

更年期の症状が軽減している気がします。ただ、錠剤が大きくて飲みづらいです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

大手メーカのエクオールサプリ
命の母 発酵大豆イソフラボンエクオールα

GABA、テアニン配合

定期初回価格
2,480円
内容量
30日分
回数縛り
なし
1日2mgのエクオール

1粒で2mgのエクオールが摂れます。

まとめ

エクオールサプリは種類も多く、どれがいいのか迷ってしまう方もたくさんいます。

今回紹介したサプリは、どれも評判も良く、信頼できるサプリです。

サプリ選びで悩んでいるなら、紹介した3種類の中から選んでみてください。
どれもおすすめです。

▶キレイ・デ・エクオール/詳しくはこちら

▶エクエル/詳しくはこちら

▶命の母 発酵大豆イソフラボンエクオール/詳しくはこちら