PR

生ゴミ処理機。ランキングでは分からないこと

\買わなきゃ良かった・・・とならない為に
ランキングじゃ分からない。生ゴミ処理機のデメリットを紹介。

生ゴミの処理が格段に楽になると言われる「生ゴミ処理機」。

複数のメーカーが販売していて種類も豊富。
沢山の種類から選べるのは嬉しいですが、逆に「どれがいいのか迷ってしまう」と言う悩みが出てしまいます。

そんな時に便利なのが生ゴミ処理機を比較した情報サイト。

特に、
ランキングサイトは、おすすめかが分かってとても便利。

見ている方も多いと思います。

買う前に調べたいけど、1台1台調べるのは面倒だし、時間もないから無理。
だから、ランキングサイトはスゴイ便利。

ランキングには問題点もある?

とは言え、
ランキング1位の製品が、どの人にもお勧めかというと、残念ながらそんな事はありません。

まぁ、そりゃそうだよね。

生ゴミ処理機は、「買って損はしない」と言えますが、特徴や価格は製品によってバラバラ。

なので、
「1位だから買ったけど、使ってみたら思っていたほどでもなかった・・・。」
なんて事もありえます。

そうなってしまう大きな原因が、ランキングサイトではデメリットが分かりにくいこと。

ランキングサイトは、メリットを中心に比べている物が多く、デメリットの説明は殆どありません。

けれど、「使ってみたら思っていたほどでもなかった」と感じるのは、デメリットの部分がほとんどです。

しかも、生ゴミ処理機は製品によって特徴の違いが大きく、使った後の「イマイチ感」が出やすい製品。

なので、生ゴミ処理機を買うなら、事前にデメリットを調べておくのはとても重要なんです。

デメリットを紹介。

そこで、このページでは、生ゴミ処理機のデメリットを詳しく紹介します。

ただ、全ての商品のデメリットを紹介するのは無理なので、ランキングサイトでよく上位にある3種類に限定しました。

その製品が
●ルーフェン
●ナクスル
●パナソニック製

の3種類です。

人気の3種類ですが、もちろんデメリットもあります。
なので、この先を読み進めれば、

●ランキングに惑わされず、本当に必要な製品を選べます。
●3種類の特徴が分かり、買った後に後悔しなくなります。

生ゴミ処理機の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

まずは、3製品の特徴を比較

デメリットの紹介の前に、3製品の特徴を分かりやすく比べてみます。

\重要!/
意外と面倒なデメリット

生ゴミ処理機の中には、
「貝殻」「大きな骨」「果物の種」など、捨てられない食材のある製品があります。

これらの製品は、機械内部で生ゴミをかき混ぜる「撹拌」をしているのですが、撹拌を行う部品が壊れない様、捨ててはいけない食材が決められています。

たとえば、
「アサリ貝殻」や「フライドチキン」「大きな魚の骨」などは捨てられず、分別をしなくてはいけません。

生ゴミ処理機はなんでも捨てられると思っている人も多く、購入後に「ガッカリ」してしまう事の多いデメリットです。

それぞれのデメリットを紹介

各製品のデメリットを紹介します。

ルーフェンのデメリットとは

●処理量が少なめ
本体がコンパクトな事もあり、生ゴミの処理量は多くありません。
ルーフェンの1日に捨てられるゴミの量は1kgが限度です。
けれど、4人家族(夫婦、子2人)が出す1日の生ゴミの量は1kgと言われているので、4人家族までなら、ルーフェンの処理量でも問題ありません。
●清掃が必要
生ゴミを入れるバスケットの清掃が必要です。また、数ヶ月に1度、消臭フィルターの交換が必要です。
●電気代がかかる
生ゴミ処理機の中では、乾燥式は電気代のかかる製品です。
ルーフェンはAI機能で電力調整をしてくれますが、月に数百円〜千円程度の電気代がかかります。

★ルーフェンのデメリット
・1度にできる生ゴミの処理量が少なめ
・バスケットの清掃などが必要
・ハイブリッド式に比べ電気代がかかる

ナクスルのデメリットとは

●大きい
ルーフェンやパナソニックと比べるとサイズが大きく、重量も18kgあります。1人で移動させるにはちょっと大変な重さです。
●本体価格が高め
ハイブリッド式は価格が高いのがデメリットです。
ナクスルも、性能の高さや電気代の安さは魅力ですが、本体価格は10万円を超えます。
けれど、助成金を活用できれば、購入費用を抑えられます。
助成金が活用できるなら、ぜひ活用してください。
●捨てられないゴミがある
ナクスルには捨てられないゴミがあります。

★ナクスルのデメリット
・大きいので置き場所が必要
・重いので1人じゃ移動させづらい
・本体価格が高額
・捨てられないゴミがある

パナソニック製のデメリットとは

●音
他の2製品に比べ、音が大きいです。
とは言え、ほとんど気にならない程度の音です。
●大きい
乾燥式では大きい部類です。その分処理量は多くのは魅力です。
●電気代がかかる
乾燥式の為、ハイブリッドに比べ電気代はかかります。
●本体価格
乾燥式は「お手頃な価格」が魅力なのですが、この価格だとお手頃感は微妙です。置けるスペースがあるなら、ナクスルの方がいいかもしれません。
●捨てられないゴミがある
パナソニックにも捨てられないゴミがあります。

★パナソニック製のデメリット
・他の2製品に比べ作動音が大きい
・乾燥式の割に本体が大きい
・ハイブリッド式に比べ電気代がかかる
・本体価格が高め
・捨てられないゴミがある

以上が各製品のデメリットになります。

助成金の活用で、生ゴミ処理機はお得に買える

生ゴミ処理機は助成金対象製品なので、
助成金制度を利用すれば、負担金額を大幅に減らすことができます。

助成金制度のある自治体なら補助金が貰えます。
補助金は自治体によって金額が違いますが、半分程度出してくれる自治体もあり、生ゴミ処理機を購入するなら、絶対使った方がいい制度です。

ただ、この助成金制度には「予算」があり、
予算を使い切ってしまうと、それ以降、助成金は出なくなります。
生ゴミ処理機を購入する人は、梅雨〜夏の間が多く、夏以降は予算が無くなっている可能性もあります。

実際、過去には、秋以降、助成金が出なくなった自治体もあった様です。
(助成金制度は各自治体で管理しているので、各自治体に確認してください)

購入を考えているなら、予算がなくなる前の購入がお勧めです。

\使って納得/
生ゴミ処理機3種類を紹介

改めて、3種類の生ゴミ処理機を紹介します。

おすすめはどれ?

初めての生ゴミ処理機なら「ルーフェン」 

お手頃な価格なのが魅力です。助成金が活用できれば、更にお得になります。

コンパクトで置き場所に困らず、重量も軽く持ち運びも簡単。女性でもラクラク移動できます。
また、貝殻や大きな骨などを分別しなくていいのもポイント。

公式サイトなら「60日間返金保証付」なので、お試しで使ってみるのもおすすめです。

ゴミ収集日まで、ゴミを保管するのにうんざりしている方に、ぜひ使ってほしい1台です。

▶ルーフェン/詳しくはこちら

ゴミ捨ての手間を無くしたいなら「ナクスル」

本体価格が高額で、設置スペースも必要ですが、「ナクスル」ならゴミ捨ての手間がほぼ「ゼロ」になります。
ランニングコストも少なく、長期間の使用を考えるならナクスルはおすすめです。

▶ナクスル/詳しくはこちら

それぞれを詳しく紹介

なんでも捨てられる!
月々2,000円代で買える高性能生ゴミ乾燥機。

ルーフェン(loofen)

価格
55,000円
分割価格
月々2,292円×24回
保証
1年間無償保証付き
返金保証
60日間返金保証付き

持ち運びラクラク。コンパクトサイズでスペースを有効活用

場所を取らないコンパクトサイズ。重さも6kgと1人で持ち運べる軽さ。
簡単に移動できるのは思っている以上に便利。ルーフェンの軽さは魅力的です。

なんでも捨てられるから、食べ残しをそのまま捨ててOK

貝殻や骨も処理できるので、食べ残しをそのまま投入しても大丈夫。分別の手間がないので後片付けもラクラク。

生ゴミを77%減少。小さく軽くなって、ゴミ出しの回数が激減

パリパリに乾燥させ、ニオイやヌメリをカット。収集日までの保管中に、小バエや虫などの発生の心配もなくなり、梅雨の時期や真夏も安心。

深夜でも使える静かな作動音。就寝中でも気になりません。

音も静かで、スイッチを入れて寝てもOK。ぐっすり寝ている間に乾燥処理が終わります。

温度調節AIが効果的に節電。家計の負担も少なく◎

AIがゴミの量によって電力調整。ムダな電気を使わず効果的に節電。電気代が上がっている現在、嬉しい省エネ設計。

ルーフェンは、公式サイトがお得

ルーフェンは、公式サイトから買うと10,000万円オフクーポンが使えます。

また、「60日間返金保証」と「消耗品プレゼント」も、公式サイトだけの特典。
買うなら公式サイトがお得です。

口コミを紹介

使い方も簡単で夕食後セットして朝には紙にくるんでゴミ箱へ、、部屋の嫌な匂いもなく容器は簡単に洗えます。買ってよかった。

引き出し式の入り口が、生ごみを入れる時と捨てる時に使いやすいですし、乾燥時の嫌な臭いもゼロ。夜にゴミを入れて、朝にはカラカラに乾いたゴミを捨てるだけ。燃えるゴミの日のゴミが軽くなったと夫も喜んでいます。コバエに悩まされるこの時期のストレスが無くなりました。

思った以上に見た目もスタイリッシュで可愛い。手入れもしやすくて満足です!生ゴミは臭うと嫌なので、ゴミの日の前日を選んで料理をするなどしてましたが、そのストレスがかなり無くなりました。これからの梅雨や夏の心配から解放されました。

使い始めたところですが、生ゴミの臭いがしないので毎日ゴミ捨て出来なくても安心。 細かい分別をしなくても良いので簡単で、掃除もしやすく清潔に保てそうです。 地球環境にも配慮出来て良い事尽くめですね。

蓋を開けて入れるだけ。
ゴミ捨てのストレスが驚くほどなくなる生ゴミ処理機
ナクスル(NAXLE

価格
127,600円
分割価格
月々5,316円×24回
保証
1年間無償修理保証付き
返金保証
28日間返金保証付き

蓋を開けてゴミを入れるだけで、後はほったらかしでOK。

1秒で終わるゴミ捨て。一度使ったら、ナクスルのない生活には戻れないほどの快適さです。

強力消臭でニオイゼロの快適キッチン。

悪臭を99.84%消臭。生ゴミのイヤ〜なニオイをなくします。

静音設計で深夜でも安心して使えます

驚くほど静かで、リビングに置いていても気になりません。

電気代とランニングコストがかかりません

消費電力60Wの低電力仕様。1日使っても30円未満です。

また、ランニングコストもかからないのもポイント。
お金も手間もかからない、長く使うのに文句のない1台です。

ペットの排泄物も処理可能

今ならキャンペーン中

今なら10,000円オフキャンペーン中。

また、28日間返金保証付き。
購入は公式サイトからがお得です。

口コミを紹介

野菜の切れ端、食べ残しの食材など、今までゴミで捨てていたものをポイと放り込んで肥料にできるなんて最高です。心配していた匂いも騒音も全く気になりません。高い買い物でしたが、その値打ちはありました。

購入してからまだ、1ヶ月余りですが、生ごみはほとんど分解処理されているようです。購入して満足していますが、今後の改善点は、高額であること、思った以上に大きいサイズだと思います。

大変気に入ってます。音も静かだし、なにより臭いがないのが素晴らしい。

乾燥タイプより手間が少ないのが便利です。

1年間無料修理保証。安心のブランド。
パナソニック(MS-N53XD-S)

価格
楽天市場:92,431円
分割価格
保証
1年間無償修理保証付き
返金保証
なし

1回約2kg。1日約8kgの処理が可能

大家族も安心の処理能力。

有機質肥料が作れる乾燥モード付き

処理物を堆肥として使える、独自の乾燥モードを設置。

1年間の無料修理保証付き

助成金制度の利用で、購入金額の一部を自治体が補助。安く購入できます。

口コミを紹介

寝る前にパンパンに生ごみを詰めても翌朝にはカリッカリになっている。カリカリになったゴミはコンビニの袋に入れてゴミ箱にポイ!

今年1番買っていい物!でした。

ゴミ袋の重量が激減。水分が激減しているので漏れを気にするストレスも激減。

まとめ

生ゴミを捨てたい時に捨てられない。
臭いもするし、虫も飛んでる。

そんなストレスにうんざりしている方は多いと思います。

けれど、生ゴミ処理機があれば、生ゴミを処理する手間も、生ゴミを収集日まで保管する煩わしさもなくなります。
使うと実感しますが、
本当にストレスフリーで快適な毎日になります。

今回紹介した生ゴミ処理機は、性能・機能も申し分のない物ばかり。価格も、助成金制度を利用すれば、最大半額から、数割引で購入できます。

生ゴミに左右されない、ストレスフリーな毎日を過ごしたいなら、ぜひ、生ゴミ処理機を検討してください。

▶ルーフェン/詳しくはこちら

▶ナクスル/詳しくはこちら

▶パナソニック/詳しくはこちら