PRを含みます

【エクオール】ホットフラッシュ治す

急なほてり、吹き出す汗に困っているなら。
原因とお勧めの方法を紹介。

更年期になると、突然吹き出す汗や、体が熱くなって眠れないなど、困っている方も多いと思います。

急に熱くなるから、ホント困る・・・

更年期がツラくなるのは、女性ホルモン「エストロゲン」の急激な低下が主な原因。

エストロゲンの低下でツラい思いをする方は多いですね

なので、下がったエストロゲンを増やせれば、ツラい状態のケアも十分可能。

このページでは
エストロゲンを増やす方法を紹介します。

エストロゲンを増やす方法を探している方は、ぜひ参考にしてください。

エストロゲンを増やすには?

「エストロゲンを増やす方法を紹介」と言いながら、残念ながらエストロゲンは増やせません。
医薬品でさえエストロゲンは増やせないのです。

ただ、
エストロゲンを補う方法はあり、
補うことでエストロゲンの低下をカバーできます。

そして、補う方法として一般的なのが
ホルモン療法サプリメントです。

ホルモン療法で補う

エストロゲンを補う方法に「ホルモン補充療法(HRT)」があります。

ホルモン療法は人工的に作ったエストロゲンを含む「エストロゲン製剤」を使い、ホルモンの低下を補います。
ただ、問題なのが副作用です。

必ず副作用があるわけではありませんが、副作用の症状が出た方には、ツラくて途中で止める方もいます。

サプリメントで補う

補う方法のもう一つがサプリメント。
煩わしさがなく、始めやすいので人気です。

エストロゲンを補うなら「エクオールサプリ」がおすすめです。

エクオールサプリってなに?

エストロゲンと似た働きの事を「エストロゲン様作用」と言うのですが、エストロゲン様作用がとても高い成分が「エクオール」です。

エクオールは、腸内細菌の1種「エクオール産生菌」の働きで、イソフラボンから作られます。

イソフラボンは更年期にいい成分として有名ですが、
じつは、その効果はイソフラボンから作られるエクオールの働きによる効果なんです。

けれど、日本人の2人に1人は、イソフラボンからエクオールを作れないと言われています。

エクオールは、腸内環境によって作れる人、作れない人が分かれます。

ただ、エクオールはサプリで摂る事もできるので、
エストロゲンを補うなら、エクオールサプリを飲むのがベターです。

エクオールサプリおすすめの理由

更年期症状の重い人は、エクオールの量が少ない

今までエストロゲンを補うには「イソフラボン」が効果的と言われいましたが、更年期症状の重い人と、軽い人のイソフラボンの量の差を調べても、関係性は見つけられませんでした。

けれど、尿中のエクオール量を調べた結果、
エクオール量の少ない人は、更年期症状が重いという結果が出ました。

女性108人を対象に2日間の食事調査を行い、食事調査の最終日に24時間尿を蓄積し、尿中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオール量を計測。(出典:日本更年期医学会雑誌 15 :28-37,2007)

エクオールサプリ。選ぶ際の3つのポイントとは?

とは言え、エクオールサプリなら何でもいいわけではありません。
中には品質の良くないサプリもあるので、サプリ選びは重要です。

そんなサプリ選びでチェックしたいのが3つのポイントです。

このポイントを知っていれば、高品質なサプリが分かるので、ぜひ参考にしてください。

チェックしたい3つのポイント

①エクオール配合量10mgの物を選ぶ
②乳酸菌配合の物を選ぶ
③GMP認定工場で製造している物を選ぶ

ポイント①.エクオール配合量10mgの物を選ぶ

1日のエクオールの推奨量は10mgです。
なので、1日に10mgのエクオールが摂れるサプリが理想です。

サプリのパッケージには、1日に摂れる量が書かれているので確認しましょう。
10mg以下の物や、配合量が書かれていない物などは要注意です。

ポイント②.乳酸菌配合の物を選ぶ

日本人の半分はエクオールを作れないと言いましたが、日本人の97%は「エクオール産生菌」を保有しています。

それなのに、
なぜ半分の人はエクオールをつくれないのか?

その理由が、腸内細菌の種類の数です。
エクオールを作れない人は、腸内にいる腸内細菌の種類が少ないのです。

以前は日本人の7割はエクオールを作れていたと言います。
けれど、食事の欧米化が進み、食物繊維や海藻などを食べる機会が減り、腸内環境が悪化。腸内細菌の数が減ってしまいました。
結果、エクオールを作れる人が半分になってしまったんです。

そこで役に立つのが「乳酸菌」です。

エクオールサプリには乳酸菌配合の物もあるので、サプリを選ぶなら、乳酸菌配合の物がおすすめです。

ポイント③.GMP認定工場で製造している

サプリメントは規制が医薬品に比べて緩く、成分をただ単に配合しただけのものから、 安心や安全性を立証されたものまで様々です。

そこで、安全性の確認する目安の一つに
GMP認定工場があります。

GMP認定工場とは、原料の入庫、製造、出庫までの全部の工程で、安全性と一定の品質が義務づけられている工場です。

医薬品は、GMP認定工場で作られることを義務化されています。

サプリメントは義務化されていませんが、GMP認定工場で製造された物なら安心です。

おすすめのエクオールサプリ3種紹介

上記のポイントをふまえ、おすすめのサプリを紹介します。
3種類のサプリは回数縛りもなく、お試ししやすいサプリです

おすすめ

エクオール量で選ぶなら、キレイ・デ・エクオール

キレイ・デ・エクオールは小さな粒で飲みやすく、推奨量10mgが摂れるおすすめのサプリメントです。おすすめの高品質サプリです。

▶キレイ・デ・エクオール/詳しくはこちら

エクオール産生菌を摂るなら、ノムダス

エクオール産生菌が直接摂れるユニークなサプリ。
定期初回価格もお手頃。

▶ノムダス/詳しくはこちら

それぞれを詳しく紹介

1日10mgのエクオールと、乳酸菌が摂れるおすすめサプリ

キレイ・デ・エクオール

●1日の推奨量10mgをクリア
●注目のEC-12乳酸菌入り
●乳酸菌と食物繊維でエクオールの吸収率UP

定期初回価格
3,980円
内容量
30日分
回数縛り
なし
1日10mgのエクオール

1日の推奨量10mgのエクオールが摂れます。

EC-12乳酸菌配合

注目のEC-12乳酸菌を配合。エクオールとの相性も良く、エクオールの吸収をサポートします。

回数しばりなし

回数縛りがなく1回のお試しでもOK。

レビューを紹介

カプセルが小さいので飲みやすい。ニオイがないのもいい。エクオール10mg摂れる物が少なかったので、見つけられた良かった。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

1年くらい続けてます。昨年の検査の結果が良かったので、今年も楽しみです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

更年期の為プラセンタサプリを飲んでいましたが、イマイチ効果が分からなかったのでエクオールをためしたくなり購入しました。1ヶ月飲み続けホットフラッシュなども少なくなっている気がします。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

エクオール産生菌が摂れるユニークサプリ

ノムダス

●エクオール産生菌配合
●注目のEC-12乳酸菌入り

定期初回価格
1,260円
内容量
30日分
回数縛り
なし
エクオール産生菌をそのまま配合

赤ちゃん由来のエクオール産生菌を配合。
エクオールの産生をサポートしてくれます。

EC-12乳酸菌配合

注目のEC-12乳酸菌を配合。エクオールとの相性も良く、エクオールの吸収をサポートします。

回数しばりなし

回数縛りがなく1回のお試しでもOK。

レビューを紹介

更年期の症状が改善すれば良いなぁと思って飲んでます。今のところ悪くはなってないです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

つぶが小さくて飲みやすい。自然素材なので安心感がある。体調が良くなる事に期待したい。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

2ヶ月飲んでますが吐き気も気になる副作用もなく続けられそうです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

大手メーカのエクオールサプリ

エクエル

1日の推奨量10mgをクリア
大豆イソフラボン配合

定期初回価格
5,020円
内容量
28日分
回数縛り
なし
1日10mgのエクオール

推奨量10mgのエクオールが摂れます。

レビューを紹介

飲むようになってからは個人的には体調はいい方です。粒が大きいのでもう少し小さければと思います。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

更年期の症状が軽減している気がします。ただ、錠剤が大きくて飲みづらいです。
※個人の感想で効果を約束する物ではありません

まとめ

エクオールサプリは種類も多く、どれがいいのか迷ってしまう方もたくさんいます。

今回紹介したサプリは、どれも評判も良く、信頼できるサプリです。

サプリ選びで悩んでいるなら、紹介した3種類の中から選んでみてください。
どれもおすすめです。

▶キレイ・デ・エクオール/詳しくはこちら

▶ノムダス/詳しくはこちら

▶エクエル/詳しくはこちら

かおりんブログ