PRを含みます

C_教育資金の貯め方

お子さんの教育資金は、親にとって避けて通れない悩みです。

「できれば全て公立」が理想の親御さんが多いと思いますが、子どもの学力、希望なども絡めると、「私立」を選択しなければならない状況も多々あります。

「奨学金制度」もありますが、実際は名前を変えた単なる借金。
奨学金の返済の為に、苦しい返済生活を送る方も少なくありません。

できれば自分の子どもには、
学費の面で苦労をさせたくないのが親の心情です。

そのためには、早い段階から教育資金を貯めるのがベター。
とは言え、教育資金の貯め方は、実に様々。

「無理なく確実に」と考えたら、どれが正解か分からなくなってしまいます。

そこで、このページでは、
教育資金を貯める方法を3つ紹介します。

教育資金の貯め方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

教育資金を貯める3つの方法

教育資金を貯める方法で一般的なのは次の3つ。
●貯蓄
●投資
●保険


それぞれにメリット、デメリットがあるので、気をつけたいポイントを一覧表に書いてみました。

 メリットデメリット
貯蓄

・安定している
・確実性が高い

・インフレリスクに弱い
・利率が低い(あまり増えない)

投資・増える可能性がある
・インフレリスクに強い

・元本割れの可能性がある

保険・万一(自分達の死亡など)に強い

・元本割れの可能性がある
(※外貨建て変額保険等の場合は元本割れの可能性があります)
・インフレリスクに弱い

目的別におすすめの方法とは?

確実にためるなら貯蓄。
安全・確実に貯めるなら貯蓄が最適です。
現状、定期預金でも利率が低いので、利息は期待出来ませんが、元本割れの心配もなく、貯蓄した分は確実に増えていきます。
ただ、インフレリスクに弱く、将来、貯めたお金では足りない、などの可能性もあります。
最近は、インフレによる物価高騰が激しい日本。必要な教育費も高騰する可能性大です。貯金とは別に、インフレ対策を用意するのがベターかもしれません。

増やす目的なら投資。
投資はリスクはありますが、教育資金を増やす目的では最適です。
特に、今ではNISAなどの投資商品も増えてきており、初心者の方でも投資がしやすい状況です。それにインフレリスクに強いのもポイント。
とは言え、元本割れのリスクは常にあります。
教育資金を投資で運用した場合、失敗したらお子さんの将来にも多大な影響が出ます。
金融知識を学び続ける覚悟で行う事を勧めます。

万一を考えるなら保険。
保険の大きなメリットは「万一に強い」事です。
万一、自分達が死亡してしまった場合、保障が受けられるので、
お子さんは学費の心配をしなくてすみます。
保険は、残されたお子さんにとって強力な手助けになります。
ただ、保険にも元本割れのリスクのある商品があるので※、保険を選ぶ際は、しっかりと内容を確認することが大切です。
(※外貨建て変額保険等の場合は元本割れの可能性があります)

学資保険はあり?なし?

教育資金を貯める方法で、よく検討されるのに
「学資保険」があります。

学資保険は、お金の専門家、ファイナンシャルプランナー(FP)でも賛否が分かれる保険で、
「必要ない」と言う方も少なくありません。

その主な理由が生命保険で足りるからです。

学資保険と生命保険を比べてみます。

 学資保険生命保険
保険料毎月払う毎月払う
支払者が
死亡した場合

以後、
支払う必要なし

以後、
支払う必要なし
学費の心配
保障があるので
心配なし

死亡保険金を充てれば心配なし

この様に、
生命保険でも、万一の場合の学費の保障ができます。
また、学資保険は満期完了を目指す保険で、途中解約は損になるケースもあります。
それに、インフレリスクに弱いのも難点です。

教育資金は各家庭によって必要額が違います。
保障内容によっては生命保険のみでも十分な場合があるかもしれません。

これらの理由で、学資保険をすすめないFPも多いんです。

生命保険ならなんでもいいか?

とは言え、生命保険なら何でもいいわけではありません。

生命保険は種類も多く、個人個人で保障をカスタマイズできるので、「教育資金」を貯めるのに適さない場合もあります。

なので、自分が加入している生命保険が、教育資金を貯めるのに適しているか確認しましょう。

その保障内容、
今の世の中で通用する?

保険の保障内容が分かったとしても、
その保障が「良い」か「悪い」かは別問題です。

保険は、市場の変化や、法律の変化で新しい物がどんどん作られています。
なので、昔入った保険が今の世の中に合っていない場合があります。

今の世の中に合っていないとは?

例えば、入院した際に入院代を保障してくれる
「入院保険」。

10年前なら、入院となると数日間入院する場合が多かったのですが、現在は医療技術も進歩し、入院日数も激減。
入院が必要だった病気も、通院だけでよくなったり、「1日入院」や「日帰り入院」などの短期入院が増えました。

長期入院が少なくなった現在、入院保険は「合わない保険」と言えるかもしれません。(あくまで一例です。保障内容や個人の状態により変わります。)

逆に、過去の保険には、
今ではあり得ないくらい保障の厚い保険もあり、ファイナンシャルプランナーから「解約なんてもったいない」と言われる様な保険もあります。

この様に、保険の確認は保障内容と、保障が今の世の中に合っているかどうかの判断が必要で、
なかなか面倒くさいのが実情です。

そこで便利なのが
「保険の無料相談サービス」です。

上手に使うとかなり便利。
保険の無料相談サービス

保険の無料相談サービスは、お金の事で悩んでいるなら、一度は利用したいサービスです。

ファイナンシャルプランナーが対応してくれる無料相談なら、保険に関係なく、お金の悩み全般について相談できておすすめです。

なので、
教育資金の貯め方も、今の自分達で無理なく始められる方法を相談できます。

今回はそんな保険無料相談サービスの
「ほけんのぜんぶ」を紹介します。

無料相談サービス
「ほけんのぜんぶ」とは

「ほけんのぜんぶ」は、
お子さんのいる家庭に選ばれている保険の無料相談サービス。
教育資金の貯め方を相談するのにピッタリなサービスです。

「ほけんのぜんぶ」のありがたい点は

ほけんのぜんぶ。ありがたいポイント

①FPが相談にのってくれる
②相談は対面、オンライン、どちらでも可能
③ライフプランを持ち帰り検討。返事は後日でOK

①ファイナンシャルプランナー(FP)が相談にのってくれる

相談にのってくれる方は、全員FPの資格を持っています。
なので、教育資金の悩みはもちろん、お金の悩み全般について相談できます。
今加入している保険も、世の中に合っているかを相談できます。

②相談は対面、オンライン、どちらでも可能

相談は、対面、オンライン(WEB面談)を選べます。
対面相談の場合、都合のいい日時、場所を指定できます。
対面相談の方が、より詳しい内容を聞ける事が多いですが、小さいお子さんのいる方は、オンラインが楽でいいかもしれません。

③ライフプランを持ち帰り検討。返事は後日でOK

FPの方が作成したライフプランを自宅に持ち帰り検討できます。
その場で返事をしなくていいのは、相談する側としてはとてもありがたいポイント。
他の方法、加入する、しないをじっくり考えられます。

ほけんのぜんぶを利用するメリット

「ほけんのぜんぶ」は、相談する相手は全員ファイナンシャルプランナー※。
(※ほけんのぜんぶ社から訪問する入社1年以上のプランナーが対象 ※ほけんのぜんぶ社調べ」)
お金の専門家なので、教育資金の相談だけでなく、住宅ローンや、家計の悩みなど、お金の悩み全般の相談できます。

お金を貯めるには、
「固定費の削減」が最も効果的。
固定費の中でも、保険は大きく削れる場合が多々あります。

同じ保険料なのに、
A社からB社に変えたら保障が厚くなった。
同じ保障でも、
C社からD社に変えたら保険料が安くなった。
なんて事がよくあります。

ほけんのぜんぶが扱っている保険は40社以上※。
(※2023年2月時点)
なので、今加入している保険よりも
同じ保険料で保障の厚い保険。
同じ保障で保険料の安い保険。

が見つかるかもしれません。

もちろん、強引に保険を勧めることはありません。

40社以上の取扱保険会社。
FPの方に相談できる。


この点だけでも、「ほけんのぜんぶ」を利用してみる価値はあると思います。

まとめ

教育資金の貯め方は、「1つの正解」がある訳ではありません。各家庭の事情もあり、方法はそれぞれです。

ただ、
貯める方法を見つけるのに、専門家の意見を聞くのは、とても賢い方法です。

「ほけんのぜんぶ」は
そんな専門家に無料で相談できるサービスです。

子どもの将来のためにも、利用してみてはどうでしょうか

かおりんブログ